土地の売り方

土地の維持費と売却を考える際に使えるもの

土地の維持費と売却を考える際に使えるもの 土地を所有されている方は、維持費がかかってしまうことがあり、その中には必ず支払いが必要とされているものもあります。
毎年1月1日の土地の所有者に対して固定資産税という税金の支払い義務が生じることになり、場所や面積によっては高額な維持費となってしまうことがあります。
他にも都市計画税に該当するエリアの不動産の場合では、同じように税金を支払う義務が生じています。
空き地として所有している場合では、周囲の環境によっても取り扱いが変わることがあります。
例えば住宅街など密集しているエリアにある場合では、雑草などが多く生えてしまうことや、ゴミなどの不法投棄の問題もあり、近隣に迷惑がかかってしまうことがあります。
そのため、定期的に管理を行うことが求められる場合も多く、維持費用がかかってしまいます。
何も使い道のない状態の土地であれば、売却する方法を考えることも良い手段です。
複数の業者に査定を依頼する方法で高い価格で売り出すこともでき、無料の一括査定サイトなどは便利に使うことができます。

土地による資産運用の方法

土地というのは株式その他の債権と同様の資産としてとらえることができるものです。
もしも相続などで利用しない土地を抱えているという場合には、そのままにしていてはまったく収益を生みませんので、思い切って資産運用を考えてみるのもよいといえます。
こうした土地による資産運用の方法ですが、一般的なのはマンションやアパートを上部に建てて、その家賃収入で収益を確保するというものです。
都心部に所在している場合には、居住用のマンションのかわりに、オフィスビルやショッピングセンターを建てるといったことも想定されます。
その際には当然ながら計画立案、設計、造成工事、開発許可などの申請書作成などの、さまざまな費用がかかります。
これらをすべて自己資金から捻出するという方法もありますが、たとえば土地の価値に見合った建物の区分所有権を取得するかわりとして、造成などの費用はデベロッパーに負担してもらうなどの方法がありますので、自己資金がなくても資産運用そのものは可能です。