土地の売り方

敷地境界の誤解から生じる土地の越境

敷地境界の誤解から生じる土地の越境 自分の土地に隣地の塀や建物の一部が入り込む越境は、双方の敷地境界線に対する認識の違いが原因である場合がほとんどです。
問題の解決には土地の境界線をはっきりさせることから始めなければなりません。敷地境界線がはっきりした時点で越境している構造物を撤去させるための訴訟を起こすか、いつの時点までに撤去するかの約束をさせる必要があります。
相手の構造物がはっきりと自分の敷地に入っていることがわかっても勝手に撤去することはできず、話し合いで解決しない場合は裁判所に訴える必要があります。
敷地境界線の確定においても話し合いにより解決しない場合は訴訟による解決しかなく、自分の土地であることを証明する書類や占有状況などの証拠が必要になります。
自分の土地に越境してきた構造物をそのままにしておくと、既成事実としてその部分の敷地まで隣地の所有物となりかねません。それを避けるには、越境が明確になった時点で裁判所への訴えが必要となります。
隣地の植物が敷地境界線を超えてきた場合には、こちら側で勝手に撤去できる場合があることが民法に記載されていますが、近隣関係を円滑にする意味から、話し合いによる解決が望まれます。

土地を共有したときの税金

土地を分割相続などで共有して所有している場合、税金の請求は誰にくるのでしょうか。
まずは、土地を最も持っている人に税金の請求がきます。
しかし、もっとも土地の所有面積が大きいところに請求が来るものの、共有している人間全員が払っているのと同様の扱いとなるので、基本的には共有分を共に負担することが普通であると思います。そうでないと土地の共有というものはできないと思います。
お金が関わってくるのですから。お金が関わるということは人と人との信頼も動いているということになります。
もし、それでお金が工面できなくなってしまうと最悪、差し押さえられ、公売物件になってしまうこともありえます。公売物件になってしまえば、そこから出ていかなくてはなりません。それでは双方にとって良いことになりません。
なので、基本的にはわけあっている人の中で互いに等しい割合で税金の負担をしていくことが重要になってくるのではないかと思います。