土地の売り方

土地の境界確認

土地を高く売るには土地というのは、明確に他人のものと分離できるような商品とは違って、隣接する所有者のものとの見分けがつけにくいものです。
そのため、現地に境界杭を打ったり、鋲やプレートを設置して、境界を明示することによって、トラブルを防ぐというのが一般的です。
しかし、代々同じ一族が所有してきた土地であるとか、山林原野のように測量がしにくい土地であったりした場合には、こうした境界を明示するものが現地にないことも多く、売買にあたって不安になってしまうこともあるものです。
こうした場合、隣接する地主を立ち会わせて、現地で境界確認をして、お互いが納得した上で、あらためて境界杭を打って、その杭をもとにして測量をし、正確な座標を求めるということが行われます。
このような境界確認では、杭の位置に関係者が納得したことを証明するため、立会証明書にみずから署名捺印させるとともに、測量士に頼んで正確な測量をした結果としての座標を記載した、地積測量図を作成し、法務局における登記にあわせて提出するというのが一般的となっています。
たとえ境界が不明であっても土地の売買そのものは可能ですが、あとで隣接地主とのトラブルになる確率は少なくない、リスクの大きな取引となってしまいます。

知っておきたい土地の売り方

土地を手放すときには売り方があります。
とにかくいくらでもいいから今すぐにでも売りたいという急いでいるような人であれば、方法を選んでいる場合ではありません。
しかし、そこまで早く手放そうと思っていないのであれば、土地の売り方を知ってから売るようにした方が高く売ることが出来るようになります。
土地の売り方を全く知らないのであれば、ある程度の知識を得てから売るようにした方がお得に売ることが出来るようになるでしょう。
まず土地を売る時に大切なのが、相場を知っておくという事があります。
もしも相場を知っていれば、業者に低い金額を提示された時にも、すぐにその点を指摘することが出来るようになるので、交渉をしやすくする為には、相場を調べておくようにしましょう。
相場を調べるだけではなく、査定をしてもらうのは複数社にお願いするようにした方がいいでしょう。
相場だけではなくより多くの業者に見積りを出してもらう事によって、適正な価格を見極めることが出来るようになります。
一番高く売れる業者に売りたいところですが、条件が悪いような場合もあります。
金額だけに目を向けるのではなく、どの売り方がいいのかをよく考えてから売るようにしておきましょう。

さまざまな土地の売り方

東京23区に特化した売土地探しサイトです

売土地 東京